野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人・大竹寛が抱く黒田博樹への感謝

広島からFA権を行使し、昨オフに巨人に加入した大竹寛投手が、順調にキャンプを過ごしている。今年は移籍2年目とあり、昨年ほどの気疲れはない。ブルペンでも直球は走り、好調を維持している。

巨人

広島時代にはともに先発ローテを形成、黒田の背中を見て育った大竹

 広島からFA権を行使し、昨オフに巨人に加入した大竹寛投手が、順調にキャンプを過ごしている。今年は移籍2年目とあり、昨年ほどの気疲れはない。ブルペンでも直球は走り、好調を維持している。

 あの偉大な先輩と投げ合うことも一つのモチベーションになっている。

 ともに同じチーム、広島で戦った黒田博樹投手が日本球界に復帰する。2007年までカープに在籍していた黒田から、大竹は「野球だけできてもいけないんだ。普段の行動も大事なんだぞ」と球場外の移動時、外出時の振る舞い方を教わった。グラウンドでは周囲から見られていることを意識して練習し、私生活でも身なりなどを気にかけることが大切と説かれた。大竹は「僕にとってはお手本のような人。大先輩です」と敬意を表した。

 黒田の背中を見て育った。ともに先発ローテーションを形成していたため、普段の練習メニューも同じようにこなした。そこで感じたのは手を抜かない厳しい姿勢と、後輩を思う気持ちだ。ウエートトレーニング場でも大竹が先輩たちに遠慮していると、黒田は「ちゃんとやっているか? どんどん使えよ」などと、トレーニングしやすい環境を作ってくれた。

人気記事ランキング