野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大も6人制ローテーションの導入を「歓迎」 地元紙が伝える

田中将大も6人制ローテーションの導入を「歓迎」 地元紙が伝える

ヤンキースの田中将大投手が、昨季故障者の続出した先発投手陣の負担軽減を目的にチームが6人制ローテーションの導入を検討していることを歓迎していると、地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じた。

20150228_tanaka

「日本時代に6人制ローテーションで投げていた田中は、そのアイデアを歓迎している」

 ヤンキースの田中将大投手が、昨季故障者の続出した先発投手陣の負担軽減を目的にチームが6人制ローテーションの導入を検討していることを歓迎していると、地元紙「ニューヨーク・ポスト」が報じた。

 田中は同紙の取材に対して、回復のために余分な日数が与えられるのは、自分にとってはいいことだと、通訳を介して答えたという。ヤンキース番の名物記者であるジョージ・キング三世氏は、記事の中で「日本時代に6人制ローテーションで投げていた田中は、そのアイデアを歓迎している」と記している。

 ヤンキースは今季開幕直後に厳しい連戦を迎える。4月17日のレイズ戦から5月17日のロイヤルズ戦まで31日間で30試合を戦うために、先発ローテーションに多大な負担がかかることが予想されている。

 ヤンキースの先発陣では、田中が昨年7月に右肘靭帯部分断裂で約2か月半離脱し、CC・サバシア投手は右ひざを負傷して前半戦で離脱。マイケル・ピネダ投手も松ヤニを不正利用した不正投球で出場停止処分を受けた後、広背筋の故障で長期離脱しており、今季は故障明けでコンディション面に不安を抱えている投手が多い。

人気記事ランキング