野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 凱旋登板で圧巻の完全投球を見せた黒田博樹 「気持ちよく投げられた」

凱旋登板で圧巻の完全投球を見せた黒田博樹 「気持ちよく投げられた」

わずか39球で打者13人を料理する衝撃のパーフェクト投球で凱旋登板を飾り「気持ちよく投げられました」と笑みがこぼれた。

full-count11

本人に慢心なし「次に向けて、もう少しいいボールを増やしていきたい」

 メジャーリーグから8年ぶりに復帰した黒田博樹投手が8日、ヤクルトとのオープン戦に初登板した。ストライクゾーンに積極的に投げ込む投球で、4回1/3を無安打無失点3奪三振。わずか39球で打者13人を料理する衝撃のパーフェクト投球で凱旋登板を飾り「気持ちよく投げられました」と笑みがこぼれた。

 初回、マウンドに上がると本拠地マツダスタジアムに大歓声が沸き起こった。「久しぶりに広島に帰ってきて、たくさん声援してもらって、マウンドに上がって気持ちよく投げられた」。この言葉通り、快投を披露した。

 39球でボールはわずかに9球。「いろいろ考えずにどんどんストライクゾーンで勝負していって、バッターにプレッシャーかけられればと思った」。あっという間に打者を追い込み、凡打の山を築いていった。日本では割合を増やすことを考えているカーブも効果的で「それでカウントが取れたし、幅広い投球ができた」と納得の表情だった。

 周囲から見れば圧巻のパーフェクト投球。だが、豊富な経験を誇る右腕に慢心はない。「結果的に良かったと思いますし、あとは結果オーライで抑えられた部分もあった。また次につなげたいと思います。いつものように、いいボールもあれば、悪いボールもあった。次に向けてもう少しいいボールを増やしていきたい」と気を引き締めた。

 8年ぶりに日本で迎えるシーズン開幕へ向け、黒田が着実に前に進んでいる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング