野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 松坂、2度目の実戦登板は大誤算 極寒の天候によって生じた「恐怖心」

松坂、2度目の実戦登板は大誤算 極寒の天候によって生じた「恐怖心」

寒すぎて、酷すぎた。ソフトバンクの松坂大輔投手(34)の2度目の実戦登板のことだ。

full-count18

「何もできなかった」松坂、2度目の実戦登板はなぜ不調に終わったのか

 寒すぎて、酷すぎた。ソフトバンクの松坂大輔投手(34)の2度目の実戦登板のことだ。3月4日の阪神戦(甲子園)で初実戦の場を踏んだ右腕は同10日の巨人戦に登板。長崎・ビッグNスタジアムでのマウンド、それはあまりにアンラッキーだった。

 この日は全国的に大荒れの天気だった。急速に発達した低気圧の影響で強い冬型の気圧配置となり、真冬のような寒さが戻ってきた。平年では最高気温が15度近くとなる長崎も例外にあらず。この日の最高気温はわずか5度。試合開始30分前の13時の時点での気温はわずか2・7度しかなかった。試合開始直前まで雪が舞う寒さの中でのマウンドは、予想以上に厳しかった。

「思うようにいかなかった。どうしても体の心配、ケガしないようにという意識が強くなってしまった。今日は何もない。何もできなかった」

 こう振り返った松坂。初回、先頭の松本哲にいきなり四球を与えると、盗塁と内野ゴロ2つの間に、あっさりと先制点を奪われた。2回は1死から橋本の中前打と盗塁、寺内の左前適時打で失点。3回は失点こそ許さなかったが、2つの四球と盗塁で2死一、三塁のピンチを招いた。3回で64球を投げて3安打3四球2失点。制球は定まらず、この日の最速は最後の打者、村田に投じた143キロ止まりだった。

 平成の怪物の胸には恐怖心があった。

人気記事ランキング