野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 21日開幕の選抜高校野球、初戦から好カード目白押し 注目の対戦は?

21日開幕の選抜高校野球、初戦から好カード目白押し 注目の対戦は?

球春到来を告げる第87回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選が13日行われ、初戦から好カードが目白押しとなった。その中から注目の5試合を紹介したい。

阪神甲子園

最近2年の優勝校対決は好勝負必至

 球春到来を告げる第87回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選が13日行われ、初戦から好カードが目白押しとなった。その中から注目の5試合を紹介したい。

○第3日第3試合 浦和学院(埼玉)-龍谷大平安(京都)

 最近2年の優勝校が、いきなり相まみえる初戦NO1の好カードとなった。龍谷大平安は昨年優勝の立役者の一人となった好左腕・高橋奎二投手(3年)を擁し、チームの経験値も高い。一昨年優勝の浦和学院はプロも注目する4番・山崎滉太内野手(3年)ら、昨秋の関東大会を制した伝統の強打で迎え撃ち、好勝負必至だ。

○第1日第2試合 大阪桐蔭(大阪)-東海大菅生(東京)

 昨年優勝の大阪桐蔭は、かつての藤浪晋太郎、中田翔のような超高校級はいないが、昨夏の優勝を主軸としてけん引した主砲・青柳昴樹外野手(3年)、エース左腕・田中誠也(3年)らがそろい、攻守に隙がない。東海大菅生は投打ともにドラフト候補の声が強いエース右腕・勝俣翔貴投手(3年)が大黒柱となり、大会初日の番狂わせを狙う。

人気記事ランキング