野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • DeNAが巨人に大勝 梶谷4安打3打点、筒香2号、ロペスも古巣相手に2ラン!

DeNAが巨人に大勝 梶谷4安打3打点、筒香2号、ロペスも古巣相手に2ラン!

DeNAが巨人に10-2で大勝した。3番・梶谷が4安打3打点、4番・筒香も4安打2打点1本塁打と大活躍。5番・ロペスは古巣・巨人相手に2ランを含む3打点と、クリーンアップが仕事をして大量点を奪った。

東京ドーム

クリーンアップで9安打8打点2本塁打、先発・山口は8回6安打2失点と好投

 DeNAが巨人に10-2で大勝した。3番・梶谷が4安打3打点、4番・筒香も4安打2打点1本塁打と大活躍。5番・ロペスは古巣・巨人相手に2ランを含む3打点と、クリーンアップが仕事をして大量点を奪った。先発の山口も8回6安打2失点8奪三振と好投し、1勝目を挙げた。巨人は新外国人の先発左腕・ポレダが初回に3失点を喫するなど安定しなかった。

 初回、DeNAは制球が定まらない巨人の先発・ポレダを攻める。先頭の石川が四球を選び、バントと盗塁で1死三塁とすると、梶谷が先制のツーベース。さらに、梶谷が三盗を試みると、キャッチャー小林の三塁への送球がそれ、梶谷が生還した。その後、筒香が四球を選び、2死から今度はバルディリスのツーベースで3点目を奪った。

 一方、DeNAの先発・山口は初回に2死から2本のヒットを浴びて1、2塁とされるも、村田を空振り三振に仕留めて無失点。2回は三者凡退に抑えた。

 3回、DeNA打線は1死1、3塁からロペスの右犠飛で1点を追加。4点差とした。

 巨人は6回、直前の攻撃で代打を送られたポレダに代わり、土田をマウンドへ送る。しかし、2死1、3塁とされると、梶谷がライトへ2点タイムリー。さらに、筒香が2死2塁でライトへのタイムリーを放った。続くロペスは昨年まで所属した古巣相手に2ラン。この回だけで5点を奪い、9点差とした。

 その裏、巨人打線は1死満塁とし高橋由の押し出しで1点を返す。続く亀井の一ゴロの間にさらに1点を返すも、代打・セペダは空振り三振に終わった。

 9回には、DeNAの筒香が西村からライトスタンド上部の看板を直撃する豪快なソロホームラン。開幕戦に続く2試合連続の完璧な一発を放った。

 最終回はルーキーの山崎が締め、DeNAが快勝。打線が機能し、開幕カードを1勝1敗とした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング