野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本人も「まさか」 オリックス西、プロ7年の成績と“右肩上がり”年俸推移

若きエース右腕が大台を突破した。オリックスの西勇輝投手(25)が2日に契約更改を行い、2500万円アップの年俸1億2000万円プラス出来高払いでサイン。

20150626_nishi

年俸1億2000万円プラス出来高、同球団投手最年少で大台突破

 若きエース右腕が大台を突破した。オリックスの西勇輝投手(25)が2日に契約更改を行い、2500万円アップの年俸1億2000万円プラス出来高払いでサイン。同球団の投手史上最年少で1億円プレーヤーとなった右腕は「まさか自分がなれるとは思っていなかった。素直に嬉しいですね」と満面の笑みを見せた。

 2008年にオリックスから3位指名を受け入団。三重・菰野高校時代からすでに完成度の高い投球スタイルを確立。1年目から1軍登板を果たすなど順調にプロの階段を上っていった。

 プロ3年目の2011年には10勝を挙げると、翌年の2012年にはシーズン最終戦でノーヒットノーランを達成。プロ通算7年の成績は141試合に登板し49勝34敗、1セーブ、防御率3・03。

 成績と共に年俸も右肩上がりに上がっていく。

―2009年 3試合0勝0敗、防御率0・00 年俸500万円

―2010年 18試合0勝0敗、防御率3・41 年俸600万円

―2011年 25試合10勝7敗1セーブ、防御率3・03 年俸1300万円

―2012年 19試合8勝3敗、防御率2・78 年俸3000万円

―2013年 28試合9勝8敗、防御率3・63 年俸4600万円

―2014年 24試合12勝10敗、防御率3・29 年俸5500万円

―2015年 24試合10勝6敗、防御率2・38 年俸9500万円

―2016年 1億2000万円

人気記事ランキング