野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

S真中監督、侍J解説で“1人ダブルヘッダー”、ヤクルト勢も大活躍

TBS系列で放送された試合は昨年のセ・リーグ覇者のヤクルト・真中満監督がテレビ解説。指揮官はデーゲームで中日とのオープン戦を同じナゴヤドームで戦い、直後のナイターで侍ジャパンの試合を解説。“1人ダブルヘッダー”となったが、大きな収穫はあったようだ。

指揮官見守る試合でヤクルト勢活躍、中畑氏も“真中効果”力説

 侍ジャパン日本代表は5日、ナゴヤドームで「日本通運presents 侍ジャパン強化試合」台湾代表戦に臨み、5-0の完封勝利を収めた。

侍ジャパンの正捕手はオレだ― 中村悠平が見せた闘志と希望(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 TBS系列で放送された試合は昨年のセ・リーグ覇者のヤクルト・真中満監督がテレビ解説。指揮官はデーゲームで中日とのオープン戦を同じナゴヤドームで戦い、直後のナイターで侍ジャパンの試合を解説。“1人ダブルヘッダー”となったが、大きな収穫はあったようだ。

 先制打を打ったのは、ヤクルト正捕手の中村悠平だった。5回には3番に入った山田哲人が中越えの二塁打をマークするなど好調をアピール。投げても3番手の小川泰弘が2回無失点、4番手の秋吉亮が3者連続三振で1回無失点と好投。真中監督は「ここまで順調にきていますね」と目を細めた。

 ともに解説した前DeNA監督の中畑清氏は「伸び伸びしてるよね。監督見てくれているとうれしいと思うよ」と“真中効果”を力説。

 ヤクルトは昨年クローザーだったバーネットが退団。真中監督は好投の秋吉の起用法について「7~9回か、まだ考えている途中です」と話すにとどめたが、仕上がりの良さには手応えをつかんでいる様子だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング