楽天オコエ、OP戦初決勝打 同点の9回に中前適時打放つ
2016.03.15
楽天のドラフト1位・オコエ瑠偉外野手(関東第一高)が15日、プロ初の“決勝打”を放った。
20160315_okoye_atp

「8番・中堅」でスタメン出場

 楽天のドラフト1位・オコエ瑠偉外野手(関東第一高)が15日、プロ初の“決勝打”を放った。

 西武とのオープン戦(西武プリンスドーム)で「8番・中堅」でスタメン出場。同点の9回1死一、二塁。サイド右腕・藤原の甘く入った直球を中前へ打ち返した。オープン戦3打点目となる勝ち越し適時打。一塁ベース上で白い歯を見せて喜んだ。

 2回1死一塁は遊ゴロ併殺打、4回2死は一ゴロ、7回1死は左飛と3打数無安打だった。課題の打撃では試合前まで打率1割4分3厘とプロの壁にぶち当たっているが、開幕1軍を大きくアピールとなるタイムリーとなった。

 楽天は西武に8-3で勝利した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count




ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月