野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・松山、大一番に「足ガクガク」も大谷から貴重なソロ弾「最高の結果」

広島・松山、大一番に「足ガクガク」も大谷から貴重なソロ弾「最高の結果」

広島の松山竜平外野手が22日、日本ハムとの日本シリーズ第1戦で大谷翔平投手から貴重なソロを放った。

20160429_matsuyama

4回に155キロ捉えて右中間スタンドへ「1、2、3でいきました」

 広島の松山竜平外野手が22日、日本ハムとの日本シリーズ第1戦で大谷翔平投手から貴重なソロを放った。1点リードの4回、先頭で打席に立つと、2ボールから155キロの直球を完璧に捉えた。打球は右中間スタンドへ一直線。4番起用に見事に応えて、5-1の勝利に貢献した。

 試合後は好投した左腕ジョンソンとともにお立ち台へ。大谷の印象を聞かれ、「球速いっすね。ほんとにビックリしました」と振り返りつつも、貴重な追加点となったソロ弾に「点がほしいところで、ああいう形で打てたのでよかった」と充実の表情。「真っすぐ一本で1、2、3でいきました」と話した。

 2013年6月18日にもマツダスタジアムでの交流戦で大谷からホームランを放っていたが、「3年前のは参考にならないんで今日何とか打ちたいと思っていた。最高の結果でよかった」。4番で迎えた大一番に「試合が始まってからすぐ足がガクガクしていたけど、ファンの声援が力になった」と本拠地を埋めた大観衆に感謝した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング