野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム近藤がレーザービーム送球 初回に先発・増井を救うビッグプレー

日ハム近藤がレーザービーム送球 初回に先発・増井を救うビッグプレー

日本ハムの近藤健介外野手が23日、日本シリーズ第2戦の初回にレーザービーム送球を見せて、ピンチを救った。

full-count18

矢のような送球でタッチアップした菊池を刺す

 日本ハムの近藤健介外野手が23日、日本シリーズ第2戦の初回にレーザービーム送球を見せて、ピンチを救った。

 近藤は「3番・右翼」でスタメン。初回、先発の増井が1死から菊池に二塁打を浴びると、丸は四球、さらにラストボールが暴投となって1死一、三塁とピンチを広げてしまう。続く松山には高めに浮いたスライダーを捉えられ、痛烈なライナーを右翼へ運ばれた。

 しかし、近藤が前進してきてキャッチすると、すぐさま本塁へ矢のような送球。ワンバウンドで大野のミットに収まり、タッチアップした菊池は悠々タッチアウトとなった。

 第1戦を大谷で落とし、絶対に負けられない日本ハム。先制されればこの試合も流れが広島に傾くところだったが、近藤がビッグプレーで救った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング