野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

現役続行か引退か、悩む楽天生え抜き外野手 戦力外通告に親友が発した言葉

主役として称賛されることは少なかったが、その堅実な守備力と、時に見せる長打力で、チームを何度も救ってきた。楽天・牧田明久外野手。23日に球団から戦力外通告を受け、24日に発表された。2005年から始まった球団の歴史の中で、ただ一人の生え抜き選手が、クリムゾンレッドのユニホームを脱ぐ。

20161024_makita2

楽天生え抜き和製大砲が戦力外に、知られざるエピソードと親友・鉄平の言葉

 主役として称賛されることは少なかったが、その堅実な守備力と、時に見せる長打力で、チームを何度も救ってきた。その試合を振り返った時、「そういえば、アイツの活躍も大きかったよね」と思わせてくれる選手だった。楽天・牧田明久外野手。23日に球団から戦力外通告を受け、24日に発表された。2005年から始まった球団の歴史の中で、ただ一人の生え抜き選手が、クリムゾンレッドのユニホームを脱ぐ。

「もっと落ち込むかと思っていましたけどね。覚悟はしていましたから。思ったより普通です。今は」。宣告を受けた翌日、チーム関係者にもあいさつを済ませ、沈む様子もなく口を開いた。

 今季はわずか16試合の出場にとどまった。楽天在籍時では、最少の数字。34歳。「外野手で誰が要らないってなったら、やっぱり僕なんだろうな、と思ってました」。1年間で何千万円もの給料が上がる選手もいれば、華やかな舞台への出場資格を突然失う選手もいる。プロ野球選手にとってはまさに天国と地獄が入り混じる季節だ。

 2000年にドラフト5位で近鉄に入団。近鉄時代は2軍暮らしだったが、分配ドラフトで楽天に行ってから、1軍デビュー。以降徐々に出場機会を伸ばし、2012年には自身最多の123試合に出場した。楽天では貴重な右打者。キャリアハイは2012年の9本塁打だが、筋骨隆々の上半身で見せるスイングの豪快さから和製大砲とも呼ばれ、中軸を担うことも多かった。

人気記事ランキング