野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム勝因は中島卓「あの四球がすべて」 劇的勝利も「まだ状態は広島が上」

日ハム勝因は中島卓「あの四球がすべて」 劇的勝利も「まだ状態は広島が上」

広島は1点リードで8回を迎えたが、2死二塁の場面でセットアッパーのジャクソンが大谷を敬遠し、続く中田に逆転打を浴びた。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、この回の先頭で四球を選んだ中島卓也が「この試合のMVP」と称えた。

20161026_nakashima

土壇場8回の大谷敬遠は「間違っていない」も…逆転打の中田が「すごく冷静だった」

 25日の日本シリーズ第3戦(札幌ドーム)は日本ハムが広島を4-3で破り、1勝2敗とした。土壇場の8回に中田翔が逆転打を放つと、9回に同点に追いつかれたものの、延長10回に大谷翔平が劇的サヨナラ打。今季限りでの現役引退を表明している広島の黒田博樹投手は4安打1失点と好投も、6回途中にアクシデントで緊急降板し、日本シリーズ初登板初勝利はならなかった。

 広島は1点リードで8回を迎えたが、2死二塁の場面でセットアッパーのジャクソンが大谷を敬遠し、続く中田に逆転打を浴びた。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、この回の先頭で四球を選んだ中島卓也が「この試合のMVP」と称えた。

 中島は見逃し、ファウルと2球で追い込まれたが、ここから最大の持ち味である粘りを発揮。シーズン中と同じようにストライクゾーンに入ってきたボールはカットしてファウルとし、ボール球は見極めた。3球目はファウル、4、5球目はボールで、ここから3球連続ファウル。1球見送りフルカウントとすると、最後は高めの直球にバットを止め、10球粘って四球を選んだ。

「勝敗を分けたポイントは中島。8回先頭の四球。あれでジャクソンを崩したのが勝因です。その後に中田が逆転タイムリーを打ち、延長10回には大谷がサヨナラヒットを打ちましたけど、中島のフォアボールがなければ勝てていなかった。ジャクソンはあそこで四球になったらガタガタ行ってしまうのではないかと思って見ていたんです。そのままガタガタ行ったわけではないですけど、一時は逆転を許したわけですし、あの四球がすべてでした」

人気記事ランキング