野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、無安打も日ハムの適時失策で先制 エルドレッドの飛球が外野にポトリ

広島、無安打も日ハムの適時失策で先制 エルドレッドの飛球が外野にポトリ

広島が26日、日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)で日本ハムのミスからノーヒットで先制点を奪った。

広島カープ

記録はライト近藤のエラー、4回までノーヒットも1点リード

 広島が26日、日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)で日本ハムのミスからノーヒットで先制点を奪った。

 両チーム無得点で迎えた4回。2死一塁でエルドレッドが高々とフライを打ち上げた。先発高梨に打ち取られ、エルドレッドは悔しそうにバットを投げたが、打球は遊撃、二塁、中堅、右翼の間に上がると、右翼の近藤が捕球しにいったが、捕ることができず。最後は体を精一杯のばしたものの、センターの前にポトリと落ちた。

 2アウトだったため、一塁走者の新井が一気に生還。記録は近藤のエラーとなり、思わぬ形で先制点が入った。広島は4回までノーヒット。一方の日本ハムは3安打も無得点で、広島が1点をリードする形となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング