野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム栗山監督、逆転勝利に「しびれました」

日本ハムは26日、広島との日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)で3-1と逆転勝利を収め、2連敗からの2連勝で2勝2敗のタイとした。1点を追う6回に中田翔内野手のソロで同点に追いつくと、8回にはレアードが決勝2ラン。最終回には宮西が2死満塁のピンチを迎えたが丸を空振り三振に仕留めて競り勝った。

20160508_kuriyama

9回満塁ピンチには「絶対に打ち取ってくれると信じていた」

 日本ハムは26日、広島との日本シリーズ第4戦(札幌ドーム)で3-1と逆転勝利を収め、2連敗からの2連勝で2勝2敗のタイとした。1点を追う6回に中田翔内野手のソロで同点に追いつくと、8回にはレアードが決勝2ラン。最終回には宮西が2死満塁のピンチを迎えたが丸を空振り三振に仕留めて競り勝った。

 試合後、インタビューに答えた栗山監督は「しびれました」と一言。9回のピンチの場面では宮西に絶対的な信頼を寄せていた様子を見せ、「絶対に打ち取ってくれると信じていた」と振り返った。

 また決勝弾を放ったレアードには「試合中、イライラしていたのでベンチからイライラするなと声をかえていた。最後、冷静に相手のボールをつかまえてくれた。久しぶりに興奮した」と話し、値千金の一発を放った助っ人を称賛した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング