野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

間近に迫ったU-23W杯 プロ・アマ混合チームがもたらす日本の未来

10月28日からメキシコ・モンテレイで「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が開幕する。侍ジャパンU-23代表は千葉県内で合宿を打ち上げ、戦いの地へと移動。巨人の斎藤雅樹2軍監督がチームを率い、中日・大塚晶文2軍投手コーチ、オリックス・三輪隆2軍育成コーチ、アマチュアからは社会人・ホンダ前監督で、侍ジャパン社会人代表監督の安藤強氏がコーチとして日の丸を背負う。

20160410_anraku

2年前のU-21W杯では準優勝、当時のメンバーが所属チームでも徐々に頭角現す

 10月28日からメキシコ・モンテレイで「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」が開幕する。侍ジャパンU-23代表は千葉県内で合宿を打ち上げ、戦いの地へと移動。巨人の斎藤雅樹2軍監督がチームを率い、中日・大塚晶文2軍投手コーチ、オリックス・三輪隆2軍育成コーチ、アマチュアからは社会人・ホンダ前監督で、侍ジャパン社会人代表監督の安藤強氏がコーチとして日の丸を背負う。

山崎武司氏が分析、強化試合で確認すべきこと「“小久保色”をどう出すか」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 この大会は2年前に台湾で行われ、日本が準優勝したU-21ワールドカップからカテゴリー変更となり開催される。前回は1次ラウンド、2次ラウンドを通して通算7勝0敗といずれも1位通過。しかし迎えた決勝では2位の台湾に0-9で敗れた。当時のメンバーはこの大会から飛躍を果たした。

 筆頭は広島の鈴木誠也。当時は外野手としてベストナイン、首位打者に輝いた。その他にも巨人・田口麗斗や日本ハムの近藤健介、阪神の北條史也、オリックスの若月健矢など、当時無名ながら今では1軍に定着した選手が揃っていた。今回のメンバーでも楽天の三好匠、オリックス・武田健吾は2大会連続で選出。リーダーとしての役割も期待されている。優勝した台湾チームには西武・郭俊麟投手がプレー。日本チームも決勝で7回無失点に抑えられた。前回のように、今大会のメンバーもさらなる飛躍が期待される。

 当時の首脳陣の編成は、監督は阪神・平田勝男氏。投手担当が巨人の豊田清コーチ。NPBからはその2名が加わり、ヘッドコーチは元三菱重工長崎監督で、大学や社会人の日本代表監督の経験もある小島啓民氏が務めた。また、守備走塁コーチには国学院大監督・鳥山泰孝氏が就任した。

 選手、指導者ともにプロ・アマ混合の編成。そこには日本の野球界発展への期待感がある。

人気記事ランキング