野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュの復帰1年目に番記者もファンも「A」評価 「さらに良くなる」

昨年3月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、今年5月に復帰したレンジャーズのダルビッシュ有投手が、地元紙の記者やファンから「A」評価を受けた。来季へ向けて「さらに良くなる」と予想する声も出ている。

20160529_darvish2

球速の上昇と制球力の向上に高い評価、「手術は成功しリハビリは上手くいった証」

 昨年3月に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、今年5月に復帰したレンジャーズのダルビッシュ有投手が、地元紙の記者やファンから「A」評価を受けた。来季へ向けて「さらに良くなる」と予想する声も出ている。

 テキサスの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「レンジャーズを格付け:トミー・ジョンから劇的復活、ユウ・ダルビッシュがエースとして戻ってきた」のタイトルで特集記事を掲載。ダルビッシュの今季の活躍を番記者が採点している。

 2015年シーズンを棒に振ったダルビッシュは今季、5月28日のパイレーツ戦で復帰。右肩の張りによる離脱もあったが、17試合に登板して100回1/3を投げ、7勝5敗、防御率3.41、奪三振率(9イニングあたりの奪三振数)11.8という成績を残した。

 同紙のレンジャーズ番を務めるグラント記者は、記事の中で「今シーズン、トミー・ジョンから復活し、ダルビッシュの球速は上昇した。また、与四球率(9イニングあたりの四球数)は下がった。そしてK/BB(奪三振÷四球)は上がっている。手術は成功しリハビリは上手くいった証だ」と、球速の上昇と制球力の向上を高く評価している。

人気記事ランキング