野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】侍ジャパン4連勝でスーパーR進出決定! 今大会初完封&16得点で5回コールド

【U-23W杯】侍ジャパン4連勝でスーパーR進出決定! 今大会初完封&16得点で5回コールド

メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は10月31日(日本時間11月1日)、大会4日目を迎え、侍ジャパンU-23代表はオーストリアを16-0で下し、開幕4連勝でスーパーラウンド進出を決めた。

20161101_yamashita

勝野、塹江で完封リレー、山下は先制2点二塁打含む3安打3打点

 メキシコで開催されている「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は10月31日(日本時間11月1日)、大会4日目を迎え、侍ジャパンU-23代表はオーストリアを16-0で下し、開幕4連勝でスーパーラウンド進出を決めた。先発の勝野昌慶(三菱重工名古屋)が4回を2安打無失点と好投。打線も山下幸輝(DeNA)が3安打3打点の活躍を見せるなど初回から得点を重ねて大勝した。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は序盤から打線が爆発した。初回、2死一、二塁から5番・山下が2点適時打を放ち、先制。さらに三好匠(楽天)も左前適時打で続き、この回3点を奪う。

 2回は3人で攻撃を終えたが、3回も無死二、三塁とチャンスを作ると前日のアルゼンチン戦で同点2ランを放った4番・真砂勇介(ソフトバンク)がレフトへ2点適時打。山下も左中間を破るタイムリー三塁打で続くとその後も得点を奪い、この回一挙7得点。10-0とリードを広げた。

 4回も猛攻は止まらない。相手の守備の乱れもついて6得点。投げては勝野が4回まで無失点に抑えると、5回を塹江敦哉(広島)が締めてコールド勝ちを収めた。日本にとっては今大会初の完封勝ち。11月1日(日本時間同2日)はB組1位通過をかけてオーストラリアとの全勝対決に臨む。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング