野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】育成契約からU-23代表先発捕手に…“仏の笑顔”を持つ柿沼が見せる大躍進

【U-23W杯】育成契約からU-23代表先発捕手に…“仏の笑顔”を持つ柿沼が見せる大躍進

現在、メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。グループBで戦う日本は開幕から4連勝でスーパーラウンド進出を決めた。この4戦のうち3戦で先発マスクをかぶっているのが、プロ1年目、23歳の柿沼友哉(ロッテ)だ。

20161101_kakinuma

最大級の褒め言葉は「投げやすい捕手」、投手を気持ちよく投げさせることが信条

 現在、メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」。グループBで戦う日本は開幕から4連勝でスーパーラウンド進出を決めた。この4戦のうち3戦で先発マスクをかぶっているのが、プロ1年目、23歳の柿沼友哉(ロッテ)だ。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回代表入りした11投手の中にロッテの選手はいない。「対戦相手として球筋を知っている投手もいますけど…」とは言うものの、バッテリーを組むのは初めての投手ばかり。だが、そんなことを微塵も感じさせない呼吸のよさで、投手陣を盛り立てる。

 準備期間が短い代表戦では「僕よりもピッチャー自身の方が自分の強みや長所が分かっている。基本は投手中心のリード。自分の投げたい球を投げるのが一番いい。その中で僕が気が付いたところは言わせてもらっています」と、投手が気持ちよく投げられるような状況を作っている。投手に限らず、人間は一人として同じ性格や気質ではない。普段からコミュニケーションを重ね、その人となりが分かってくると「いろいろなタイプがいるから面白い」という。

 柿沼にとって最大級の褒め言葉は「投げやすい捕手」と言われることだ。代表では、2戦目に先発した安楽智大(楽天)をはじめ多くの投手が、柿沼に対する“投げやすさ”を認めている。「この短期間で、そう言ってもらえると、本当にうれしいですね」と、素直に喜びを隠さない。もちろん、キャッチングの技術や構え方、あるいは二塁への送球の正確さもあるが、柿沼を“投げやすい捕手”と思わせる最大の理由はその雰囲気のよさにありそうだ。

 試合前練習では常に笑顔。試合開始直前になっても、ニコニコと穏やかな雰囲気で準備を進める。笑うと目がなくなってしまう、文字通りのえびす顔の持ち主。「コーチには“仏様みたいだな”って言われるんですよ」と話す顔も、もちろんえびす顔だ。この雰囲気のよさが、投手の緊張感をほぐし、信頼度を高め、持ち味を十二分に発揮するために一役買っていることは間違いない。

人気記事ランキング