野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

所属5年のダルビッシュ、レンジャーズの背番号11で「すでに歴代最高」の声

レンジャーズのダルビッシュ有投手が、地元メディアから球団史上最高の背番号11に選出された。

20161102_darvish

日本ハム時代から背番号11、「ダルビッシュにとって、背番号は大きな意味を持つ」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が、地元メディアから球団史上最高の背番号11に選出された。まだ在籍5年目の右腕だが、地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」は「レンジャーズ歴代最高選手を背番号別に格付け」と題した特集の中で、背番号11について「ユウ・ダルビッシュはすでに歴代最高」と位置づけている。

 ダルビッシュは日本ハム時代から背番号11をつけており、特集では「ダルビッシュにとって、背番号は大きな意味を持つ」と指摘。さらに、「オールスターに3度選出されており、サイヤング賞の投票では、2回トップ10入りを果たしている」と、ここまでの功績を称えている。

 2011年オフにポスティングシステム(入札制度)で日本ハムからレンジャーズに移籍した右腕は、1年目に29試合登板で16勝9敗、防御率3.90をマーク。サイ・ヤング賞投票で9位に入った。さらに、翌13年は32試合登板で13勝9敗、防御率2.83、リーグトップの277奪三振で同投票2位となった。

 12年から3年連続2桁勝利を挙げ、いずれもオールスターに選出。本拠地グローブライフ・パーク・イン・アーリントンには、背番号11のレプリカユニフォームを着用したファンが多く詰めかける。レンジャーズの背番号11=ダルビッシュというイメージは完全に定着している。

人気記事ランキング