野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハムが10年ぶり日本一の栄冠 激闘となった日本シリーズ全6戦を振り返る

日ハムが10年ぶり日本一の栄冠 激闘となった日本シリーズ全6戦を振り返る

10月29日、北海道日本ハムが2006年以来10年ぶりとなる日本一に輝いた。レギュラーシーズンでは、最大11.5ゲーム差を驚異の追い上げでひっくり返してリーグ制覇。福岡ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも存分に持ち味を発揮して勝ち進み、ついにセ・リーグ覇者の広島との頂上決戦をも4勝2敗で制した。ここでは日本シリーズにおける日本ハムの戦いぶりを振り返りたい。

20160420_laird

広島の2連勝でスタートした日本シリーズ、日本ハムが見せた数々の逆転劇

 10月29日、北海道日本ハムが2006年以来10年ぶりとなる日本一に輝いた。レギュラーシーズンでは、最大11.5ゲーム差を驚異の追い上げでひっくり返してリーグ制覇。福岡ソフトバンクとのクライマックスシリーズでも存分に持ち味を発揮して勝ち進み、ついにセ・リーグ覇者の広島との頂上決戦をも4勝2敗で制した。ここでは日本シリーズにおける日本ハムの戦いぶりを振り返りたい。

〇第1戦 広島 5-1 日本ハム(10月22日・マツダスタジアム)

 第1戦が行われたのは小雨が降りしきるマツダスタジアム。日本ハムは大事な初戦のマウンドをエース・大谷に託す。しかし、「足」で積極的に攻める広島の作戦にかき乱されて先制点を奪われると、1イニングで2本塁打を打たれるなどして6回3失点。後を受けたリリーフ陣も2点を失って、手痛い敗戦を喫した。打線も相手先発・ジョンソンの前につながらず、得点は7回のレアードによる一発の1点のみ。これまでの戦いでは見られなかったミスも目立ち、投打ともに精彩を欠いた。

〇第2戦 広島 5-1 日本ハム(10月23日・マツダスタジアム)

 0勝1敗で迎えた日本ハムの先発は増井。今季シーズン途中から先発に配置転換し、両リーグ16年ぶりの2桁勝利2桁セーブを挙げた右腕だ。ここで何としても1勝を手にし、勝敗を五分に戻したいところだったが、この日も先制を許し、試合の主導権を終始広島が握る展開に。一時同点に追い付くも、6回にエルドレッドの2試合連続本塁打などで4点を失って敗北。唯一の得点も菊池のミスによるもので、内容的にも大いに不安を残す2敗目となった。

人気記事ランキング