野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • WS第7戦は死闘 同点で延長突入も雨で一時中断、球史に残る名勝負へ

WS第7戦は死闘 同点で延長突入も雨で一時中断、球史に残る名勝負へ

インディアンス3勝、カブス3勝で迎えた2日(日本時間3日)のワールドシリーズ第7戦は、6-6で延長戦に突入。インディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドでは9回が終了したところで強い雨が降り始め、中断となった。

20161103_lester

カブスが勝てば108年ぶり、インディアンスが勝てば68年ぶり世界一

 インディアンス3勝、カブス3勝で迎えた2日(日本時間3日)のワールドシリーズ第7戦は、6-6で延長戦に突入。インディアンスの本拠地プログレッシブ・フィールドでは9回が終了したところで強い雨が降り始め、中断となった。

 試合はカブスの3点リードで終盤に突入。カブスは8回2死一塁で守護神チャップマンを投入したが、インディアンスのガイヤーが右中間へのツーベースを放ち2点差に。さらに、続くデービスはレフトへの2ラン。劇的な一発で同点とした。

 カブスは9回、1死三塁のチャンスを作りながら、後続が倒れて無得点。一方、インディアンスはその裏の攻撃でチャップマンの前に3者凡退に終わった。

 試合は延長戦に突入したが、ここで雨が強くなり中断。その間に、現地では日付が変わり3日となった。カブスが勝てば108年ぶり、インディアンスが勝てば68年ぶりの世界一となるが、最終決戦は球史に残る激戦となった。

 その後、雨脚が弱まり、17分間の中断を経て再開となった。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング