野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】早実が優勝でセンバツ有力、野村が劇的サヨナラ弾 清宮は5打席連続三振

【高校野球】早実が優勝でセンバツ有力、野村が劇的サヨナラ弾 清宮は5打席連続三振

明治神宮大会出場をかけた秋季東京大会の決勝が3日に行われ、早稲田実が日大三を8-6のサヨナラで破り優勝。来春のセンバツ出場が有力となった。

東京ヤクルト神宮

清宮は全てスライダーで5三振、日大三は金成が5打点の活躍も…

 明治神宮大会出場をかけた秋季東京大会の決勝が3日に行われ、早稲田実が日大三を8-6のサヨナラで破り優勝。来春のセンバツ出場が有力となった。2点を追う9回に同点に追いつくと、最後は4番・野村大樹(1年)がサヨナラ2ラン。劇的な勝利を飾った。注目の清宮幸太郎内野手(2年)は日大三のエース左腕・桜井周斗の前に5打席連続三振に終わった。日大三は金成麗生(かなり・れお)内野手(2年)が同点3ランと一時勝ち越しの2点二塁打で5打点の大活躍も、桜井が9回に4失点で計7失点と最後に崩れた。

 先制したのは日大三。1死一、三塁のチャンスを作ると、比留間のニゴロの間に1点が入った。一方、早実も2回に1死三塁で雪山のニゴロで1点を奪い(記録は野選)、同点とした。

 早実は4回、1死一、三塁で橘内の右中間へのタイムリーで2点を奪取。さらに、野田の適時内野安打でこの回3点目を奪った。一気に早実の流れかと思われたが、日大三は金成が早実の2番手左腕・赤嶺から右中間スタンドへ特大の3ラン。あっという間に同点に追いついた。

 一方、注目の清宮は初回、2死走者なしで左腕・桜井のスライダーに空振り三振。3回も2死走者なしでスライダーに空振り三振に倒れると、5回1死走者なしでは内角のスライダーに見逃し三振。さらに、同点の7回1死一塁でもスライダーに空振り三振に終わった。

 9回、日大三は2死一、二塁の好機で金成が左翼線へツーベース。一塁走者も生還し、2点を勝ち越した。その裏、早実は1点を返し、なおも無死一、三塁で清宮が打席に立つも、スライダーに空振り三振で5打席連続三振。しかし、続く4番の野村がライトへサヨナラ2ランを放ち、劇的勝利を飾った。日大三は敗れたが、東京から2校選出の可能性は十分に残されている

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング