野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【U-23W杯】予選5戦で58得点の快進撃 全勝優勝狙う侍ジャパンに立ちはだかる強敵は?

【U-23W杯】予選5戦で58得点の快進撃 全勝優勝狙う侍ジャパンに立ちはだかる強敵は?

メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は、3日(日本時間4日)からスーパーラウンドが始まる。オープニングラウンドで5戦全勝した日本は、グループBを1位通過。目標の全勝優勝に向けて大きな弾みをつけた。

20161103_saito

オープニングRでは最多58得点&最少8失点を記録

 メキシコで開催中の「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は、3日(日本時間4日)からスーパーラウンドが始まる。オープニングラウンドで5戦全勝した日本は、グループBを1位通過。目標の全勝優勝に向けて大きな弾みをつけた。スーパーラウンドを戦った結果、オープニングラウンドの成績と合わせて上位2チームが決勝に進出。6日(同7日)に“初代王者”の座を懸けて火花を散らす。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 グループBを1位通過した日本は、盤石な戦いを見せた。走者が出たら送りバントや盗塁を積極的に仕掛け、そつのない攻撃で得点を重ねた。その結果、オープニングラウンドでは参加12チームのうち最多となる58得点をマーク。中でも、5戦全てで1番打者を任された武田健吾(オリックス)が打率.579、出塁率.652と絶好調で、斬り込み隊長として攻撃のトーンを決めている。さらに、同じく全戦4番スタメンの真砂勇介(ソフトバンク)も打率.476、2本塁打、12打点と快音連発。中軸を担う3番・乙坂智(DeNA)、真砂、5番・山下幸輝(DeNA)のトリオでも、合計23打点を挙げている。これまで10打席以上立った8選手のうち7人が打率3割超えをするなど、どこからでも得点できる隙のない攻撃が強みで、チーム打率は.410に達している。

 投手陣も安定感は抜群だ。オープニングラウンドの総失点は12チーム中最少の8失点で、チーム防御率は1.38を記録。オープニングラウンドでは先発5投手が、いずれも勝ち星をマーク。ニカラグア戦で投げた本田圭佑(西武)、オーストリア戦で投げた勝野昌慶(三菱重工名古屋)は失点を許していない。5試合でリリーフ陣が記録した失点は、わずかに「1」。打線が稼いだ得点をしっかりと守り抜く、文字通り投打のかみあった試合で勝ち進んできた。

人気記事ランキング