野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ハム栗山監督が語る大田覚醒の鍵とは 「フルスイングで3回三振してもいい」

ハム栗山監督が語る大田覚醒の鍵とは 「フルスイングで3回三振してもいい」

多忙を極める日本一監督はもう来季のことで頭がいっぱいのようだ。日本ハムの栗山英樹監督は4日、ファイターズタウン鎌ヶ谷で行われた大田、公文の入団会見に出席。「俺のことはどうでもいいから。神出鬼没でどこにでも出てくるから」と、前日(3日)は早実の清宮幸太郎を見るため、神宮球場へ駆けつけるなど精力的に活動している様子をうかがわせた。

20161104_ham_kaiken

栗山監督の大田泰示“再生論”「こちらは我慢する時は我慢する」

 多忙を極める日本一監督はもう来季のことで頭がいっぱいのようだ。日本ハムの栗山英樹監督は4日、ファイターズタウン鎌ヶ谷で行われた大田、公文の入団会見に出席。「俺のことはどうでもいいから。神出鬼没でどこにでも出てくるから」と、前日(3日)は早実の清宮幸太郎を見るため、神宮球場へ駆けつけるなど精力的に活動している様子をうかがわせた。

侍ジャパン敗戦の中、光を放った鈴木 代表デビュー戦で初安打「積極的にいけた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

「シーズン中はバタバタするし、相手にも迷惑をかける。1回見ておきたかった。能力はわかっている。実際、この目で見るというのは(ドラフトでも)見て行くんだというのはある。いいところも悪いところも」

 ドラフトへの備えに怠りはない。その年最もいい選手を指名するのが、日本ハムの球団方針とすれば、当然だろう。野球が好きで、好きでしょうがない指揮官は“未完の大器”である大田をあずかって、逆にワクワクしているようだ。

 評論家時代、大田については巨人の原辰徳前監督としょっちゅう話したという。この日は“覚醒”へのポイントについて、熱弁を振るった。

人気記事ランキング