野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 陽岱鋼のFA宣言で日ハムのセンターに“穴” “後継者”候補となる4選手は

陽岱鋼のFA宣言で日ハムのセンターに“穴” “後継者”候補となる4選手は

日本ハムの陽岱鋼外野手が8日に他球団への移籍を前提としてFA権の行使を宣言した。

20161104_ham_kaiken

陽岱鋼がFA宣言の日ハム、中堅の“後継者”は?

 日本ハムの陽岱鋼外野手が8日に他球団への移籍を前提としてFA権の行使を宣言した。

 陽は11年に外野の定位置をつかみ、12年から3年連続でゴールデングラブ賞を受賞。今季はシーズン途中に右肋骨を骨折しながらも、130試合出場して打率.293、14本塁打、61打点の成績を残した。この日、パ・リーグ外野手部門のゴールデングラブ賞に2年ぶりに輝いた好守も光り、チームの4年ぶりのリーグ制覇&10年ぶりの日本一に貢献した。

 新たな移籍先にはオリックス、楽天など複数球団が獲得に動いている模様だ。日本ハムにとっては看板選手の“放出“となり、連続日本一の期待がかかる2017年は不動の中堅の穴埋めが急務。ズバリ後継者は誰になるのか。

 その筆頭候補に挙がるのが来季4年目となる岡大海だ。走攻守の3拍子そろったプレーが持ち味。50メートル5秒7、遠投120メートルの強肩で、その高い身体能力はオリックス・糸井嘉男に匹敵すると言われている。6、7月の球団新記録となる15連勝中には打率4割(50打数20安打)、1本塁打、6打点をマーク。レギュラーシーズンの出場試合は33勝8敗と高い勝率を誇り、日本シリーズでは第3戦以降、陽岱鋼に代わって中堅でスタメン出場した。

 ただ、オープン戦中にはベースを踏み損ない右足首捻挫して出遅れ、8月上旬には右大腿四頭筋を肉離れ。ここまでキャリアでシーズンを通して活躍したことがないだけに、いかに故障しないかが後継者への鍵となりそうだ。

人気記事ランキング