野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、初回に筒香の押し出し四球で先制も…内川は併殺で1得点のみ

野球日本代表「侍ジャパン」は10日、東京ドームでメキシコ代表と強化試合を行い、5番に入った筒香嘉智外野手(DeNA)の押し出し四球で先制。なおも満塁のチャンスだったが、DHの内川聖一内野手(ソフトバンク)は併殺に倒れた。

20161110_samurai2

相手先発の制球が定まらず無安打で1点先制

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、東京ドームでメキシコ代表と強化試合を行い、5番に入った筒香嘉智外野手(DeNA)の押し出し四球で先制。なおも満塁のチャンスだったが、DHの内川聖一内野手(ソフトバンク)は併殺に倒れた。

強化試合に挑む侍ジャパン 小久保監督の言葉から読み解くポイントは?(野手編)(侍ジャパン応援特設サイトへ)
 
 日本は初回、制球の安定しないオイエルビデスから坂本が四球で出塁。秋山が1球でバントを決めると、山田、中田も四球を選んで満塁のチャンス。ここで筒香がストレートの四球を選び押し出し。ノーヒットで先制点を奪った。

 メキシコはここで早くもピッチャー交代。2番手カステヤノスをマウンドに送った。すると、続く内川はニゴロ併殺打。大量得点のチャンスを生かせず、1得点のみでチェンジとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング