野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍ジャパン、拙攻響きメキシコに黒星 小久保監督「紙一重のところ」

試合後、インタビューに答えた小久保監督は「紙一重のところでバットが出てきてない」と振り返り、シーズン終了後から時間が空いたことを理由に挙げた。

20161110_tsutsugo2

第2戦は「打順変えてやろうと思う」

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、メキシコとの強化試合第1戦(東京ドーム)で3-7と敗れた。初回に1点を先制したもののその後、逆転負け。相手先発のオイエルビデが制球難で2回途中で降板するなど相手投手陣が8四球と乱れる中、好機を生かせずに5安打3得点にとどまった。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 試合後、インタビューに答えた小久保監督は「紙一重のところでバットが出てきてない」と振り返り、シーズン終了後から時間が空いたことを理由に挙げた。

 1点差に迫った直後の8回2死二塁の好機では、9番・大野に代わって大谷を代打に投入。ナショナルズの左腕オリバー・ペレスを投入されることも「分かっていて出した」が、結果、3球三振で追いつけなかった。

 11日の第2戦に向けて「打線は打順は変えてやろうと思っている」と指揮官。来春のWBCに向けて少しでも収穫をつかみたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング