野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【明治神宮大会】西のスラッガーに軍配 履正社・安田「実力は清宮が上」も「勝ったのは履正社」

【明治神宮大会】西のスラッガーに軍配 履正社・安田「実力は清宮が上」も「勝ったのは履正社」

履正社のプロ注目のスラッガー・安田尚憲内野手が、早稲田実と対戦した明治神宮大会決勝で初優勝に導く豪快3ランを放つなど、4打点の活躍を見せた。

full-count18

安田は3ラン含む4打点の活躍、捕手・片山にも一発「勝負を決める一発を打とうと思った」

 履正社のプロ注目のスラッガー・安田尚憲内野手が、早稲田実と対戦した明治神宮大会決勝で初優勝に導く豪快3ランを放つなど、4打点の活躍を見せた。同じく本塁打を放った捕手の片山悠とともにヒーローインタビューに呼ばれた安田は「決勝ということで、ここまできたら絶対に勝とうと話をしていました。(今年)最後の公式戦で勝ち切れたことが何よりもこのチームには大きいです」と喜んだ。

 初回に同い年の左のスラッガー・早稲田実の清宮幸太郎内野手に先制本塁打を許したが、同点に追いついたあと、一時は突き放す3ランを右翼席へ。清宮に負けない破壊力抜群の一発だった。

「これまでチームに迷惑をかけていた。形はどうあれ、1本打とうと思っていた。最高の形になってよかった。レベルが全然、清宮の方が上。実力はまだまだ(及ばない)です。でも、今日は履正社が勝てた。チームが勝てたのがよかった」

 個人のことよりもチームの勝利を喜ぶ、主軸らしいコメントだった。

 出てくる投手が強力な早実打線につかまり、苦しいリードだった捕手・片山は「その場面、その場面で乗り切ろうと思った。強かったです」。打っても本塁打を放ち、「勝負を決める一発を打とうと思った。手応えはなかったけどここで1本打てて良かったです」と話した。

 片山は最後に「今年最後の公式戦を勝ち切れた。春の甲子園を優勝するためにみんなで頑張っていきたい」とセンバツの頂点を見据えていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング