野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神2年目の20歳が世界で魅せた俊足 U-23W杯盗塁王が異国でつかんだ手応え

先月28日からメキシコ・モンテレイで行われた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は、日本が初代王者となって幕を閉じた。侍ジャパンU-23代表の選手はそれぞれに持ち味を発揮し、優勝に大きく貢献したが、その中でも世界に通じる“快足”で魅せたのが、阪神の植田海内野手だった。

20161116_ueda2

7回中6回成功、第3戦では3盗塁をマーク、世界大会のタイトルは「大きい自信に」

 先月28日からメキシコ・モンテレイで行われた「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」は、日本が初代王者となって幕を閉じた。侍ジャパンU-23代表の選手はそれぞれに持ち味を発揮し、優勝に大きく貢献したが、その中でも世界に通じる“快足”で魅せたのが、阪神の植田海内野手だった。

世界各国の戦力拮抗が見えた強化試合 侍ジャパン小久保監督「去年から感じていた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 ファーストラウンド初戦から決勝戦まで、全9試合で「2番・遊撃」を任された。同じポジションでは、楽天から吉持亮汰がメンバー入りしていたが、指揮を執った斎藤雅樹監督は植田を起用。今季から始めた両打ちという使い勝手の良さもあったが、ウエスタン・リーグで盗塁死ゼロの12盗塁を決めた足が魅力だった。

 指揮官の期待に応えるかのように、第2戦チャイニーズ・タイペイ戦で初盗塁を決めると、第3戦アルゼンチン戦では1試合3盗塁をマーク。結局、全9試合で7度盗塁を試みて6度成功させ、見事盗塁王に輝いた。

 機動力を基本線にした「つなぐ野球」を目指す“斎藤ジャパン”の攻撃をつないだ俊足に、植田自身は「(対戦投手のモーションが大きい)ファーストラウンドで結構稼いだ部分もあるんで」と照れ笑い。だが、自慢の足が世界でも通用する手応えを得たことは大きい。「こういうもの(盗塁王)を取れたことは大きい自信になる。来年この経験を生かして頑張りたいと思います」と、3年目のシーズンの奮起を誓った。

 同じく長所でもある守備では、少しつまづいた。第2戦から3戦連続で舞台となったサルティージョの球場は、内野の芝がまばらで、土の部分には表面に石が飛び出しているなど、グラウンド状態は決して良くなかった。ノックの打球もイレギュラーすることがしばしば。そんな中、植田はファインプレーを次々披露した一方、第3戦でまさかの3失策を記録。「守備はそんなによくなかったです」と声を落としたが、第4戦以降は無失策。「いつもと変わらず、試合中には1歩目の速さを意識している」という言葉どおり、三遊間を抜けそうな際どい打球に何度も飛びつき、アウトにした。

人気記事ランキング