野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • 10年前に描いた夢が現実に 清宮の後打つ1年生4番、早実・野村が秘める思い

10年前に描いた夢が現実に 清宮の後打つ1年生4番、早実・野村が秘める思い

明治神宮大会は近畿代表の履正社(大阪)の優勝で幕を閉じた。決勝の早稲田実との序盤は打ち合いで、共に主砲の早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲が本塁打をマーク。軍配は西の王者に上がったが、準優勝の早実も力があるところを存分に見せた。

東京ヤクルト神宮

秋に清宮以上の存在感示した野村、名門の4番打者はどんな選手なのか

 明治神宮大会は近畿代表の履正社(大阪)の優勝で幕を閉じた。決勝の早稲田実との序盤は打ち合いで、共に主砲の早実・清宮幸太郎、履正社・安田尚憲が本塁打をマーク。軍配は西の王者に上がったが、準優勝の早実も力があるところを存分に見せた。

 中でも、3番の清宮以上に存在感を示したのが、後を打つ1年生の4番・野村大樹内野手。いったいどんな選手なのか。

 野村は今年、1年生ながら注目の清宮の後ろ、4番を任された。野村が入学する前は清宮が4番を打っていたが、出塁率の高かった前主将・金子が打つ1番の打順と、清宮の打順を近づけた方が得点力が上がると和泉実監督は考え、打順を変更していた。そして、4番目の打者に野村を抜擢した。しかし、清宮との勝負を避けられ、野村が凡退して無得点に終わるケースも見られ、今夏は西東京大会8強で姿を消した。

 夏の大会では変化球に手を焼いた野村。「対応できるようにしたい」と、同級生の投手に変化球ばかりを投げてもらい、目で慣れるように心がけた。

 実は、「夏の時は、何も考えられなかった」という。2学年上の先輩たちの中で野球をやり、周りを見る余裕などなかった。それでも1年生ながら本塁打を放ったこともあった。「清宮さんがアドバイスをくれたり、やりやすい環境を作ってくれたりしてくれました」と主砲に感謝している。

人気記事ランキング