野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 日本球界復帰の村田は輝けるか 黒田と和田、松坂と井川…分かれる明暗

日本球界復帰の村田は輝けるか 黒田と和田、松坂と井川…分かれる明暗

日本ハムが18日に村田透投手との契約合意を発表した。2010年オフに巨人を戦力外となった後、インディアンスとマイナー契約を結んだ右腕は、ルーキーリーグから5年をかけてメジャー昇格。2015年6月28日・オリオールズ戦の1試合のみの登板に終わったが、確かな足跡を残した。

20161120_murata

米球界から復帰した投手たちの日本での成績は? 斎藤は地元・仙台で活躍

 日本ハムが18日に村田透投手との契約合意を発表した。2010年オフに巨人を戦力外となった後、インディアンスとマイナー契約を結んだ右腕は、ルーキーリーグから5年をかけてメジャー昇格。2015年6月28日・オリオールズ戦の1試合のみの登板に終わったが、確かな足跡を残した。

 7年ぶりの日本球界復帰となる村田は、北の大地で輝きを放つことが出来るのか。近年も多くの投手が米球界から日本復帰を果たしたが、その明暗ははっきりと分かれている。ここで、最近5年(2012年以降)、米球界からNPBに復帰投手した主な投手の成績を見てみたい。

 最近で最も輝きを放ったのはソフトバンクの和田毅、広島の黒田博樹だろう。12年にメジャー移籍を果たした和田は左肘の手術などもあり、アメリカでの4年間でMLB通算5勝5敗、防御率3.36で帰国。今季5年ぶりにソフトバンク復帰を果たした。迎えた1年目は15勝5敗、防御率3.04の成績を収め、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた。

 黒田も古巣に多大な貢献を見せた一人だ。昨季、8年ぶりに広島に復帰した右腕は1年目で11勝8敗、防御率2.55をマークすると今季は2年連続2桁の10勝(8敗)を挙げ、チームの25年ぶり優勝を支えた。そして日本ハムとの日本シリーズ直前には現役引退を表明。メジャーで惜しまれながらも日本球界復帰を果たしたベテランは古巣で有終の美を飾った。

 斎藤隆も現役生活を最高の形で締めくくった。メジャー通算7年間で防御率2.34と救援投手として圧巻の成績を残し、2013年に地元・仙台が本拠地の楽天で日本復帰。30試合に登板して3勝無敗4セーブ4ホールド、防御率2.36で球団史上初の日本一に貢献した。14年も31試合登板で1勝1敗3セーブ9ホールド、防御率2.59。15年は3試合登板で防御率7.71に終わり、自らユニホームを脱ぐ決断を下した。

人気記事ランキング