野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックスは近年稀に見る“助っ人外れ年” 自称166キロも「糸井2世」も不発

今季のオリックスは、近年稀に見る助っ人の外れ年だった。チームは57勝83敗3分、借金26で4年ぶりに最下位。今季は期待した外国人たちに泣かされ続けた福良監督も「こんな年は珍しいんじゃないか。誰か一人ぐらいは戦力になるんだけどね」と、シーズン後には苦笑いを浮かべるしかなかった。

20161121_blanco

外国人に泣かされて最下位、福良監督も「誰か一人ぐらいは戦力になるんだけど…」

 今季のオリックスは、近年稀に見る助っ人の外れ年だった。チームは57勝83敗3分、借金26で4年ぶりに最下位。今季は期待した外国人たちに泣かされ続けた福良監督も「こんな年は珍しいんじゃないか。誰か一人ぐらいは戦力になるんだけどね」と、シーズン後には苦笑いを浮かべるしかなかった。

 シーズンを通して力になったのは来日4年目のブランドン・ディクソン。先発陣の中で唯一、1年間ローテを守りきり、27試合登板で9勝11敗、防御率4.36。投球回数は自己最長の171回1/3を記録した。ただ、防御率、被本塁打 (17本)は自己ワーストとなり、不振が続いた年といえるだろう。

 新加入の外国人勢は誰一人として期待に応えられなかった。守護神として期待された160キロ右腕のエリック・コーディエは西武との開幕戦(西武ドーム)で1点リードの9回に登板したが、リードを守れずサヨナラ負け。その後も不安定な投球が続き、9月中に帰国し退団することに。

 さらに走攻守が売りだったブライアン・ボグセビックも目立った活躍はなく60試合に出場し打率.187、3本塁打、18打点。シーズン終盤は2軍調整が続き、退団する見込みだ。さらにシーズン途中に獲得した元中日の大砲マット・クラークはわずか11試合出場、打率.172、2本塁打、4打点と散々な結果に終わった。同じく途中加入の左腕パット・ミッシュも3試合に登板し0勝1敗、防御率8.44と全く活躍することなく球団を去った。

人気記事ランキング