野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • マ軍番記者が予想、オズナ放出なら来季はイチローを“準レギュラー”で起用!?

マ軍番記者が予想、オズナ放出なら来季はイチローを“準レギュラー”で起用!?

マーリンズのイチロー外野手は来季、メジャー17年目、プロ26年目のシーズンを迎える。43歳で迎える来季も4番手外野手としてチームを支えることが予想されるが、トレードの噂があるレギュラー選手がチームを去った場合には、右打者との“併用”で起用が大幅に増える可能性があると、地元メディアが予想している。

20161003_ichiro3

レギュラー外野手が放出となっても、イチローがいれば心配なし!?

 マーリンズのイチロー外野手は来季、メジャー17年目、プロ26年目のシーズンを迎える。今季は日米通算安打でピート・ローズ(MLB通算4256安打)超え、そして史上30人目のメジャー通算3000安打を達成。前半戦は打率3割台中盤を維持するなど好調を維持し、レギュラーではない立場で存在感を見せた。43歳で迎える来季も4番手外野手としてチームを支えることが予想されるが、トレードの噂があるレギュラー選手がチームを去った場合には、右打者との“併用”で起用が大幅に増える可能性があると、地元メディアが予想している。

 MLB公式サイトでは、読者からの質問にマーリンズ番のジョン・フリサロ記者が答える形の記事を掲載。そこで、トレードの噂が絶えないマルセロ・オズナ外野手についてのクエスチョンが飛んでいる。

「オズナをトレードに出して投手を獲得し、彼の代わりにFAで大物を獲得することはあり得るでしょうか? もしくは、大金を費やすのは非現実的でしょうか?」

 これに対して、フリサロ氏はイチローの起用法にも触れながら、丁寧に回答している。

 まずは、今季148試合出場で打率.266、23本塁打、76打点という成績だったオズナの放出については「理にかなったものとは言えないでしょう」と指摘。シーズン終盤にはイエリッチがセンターを守り、レフトに回ることも多かったオズナだが、強肩を誇る守備での貢献度も高い。問題となるのは、オズナが今オフに初めて年俸調停の権利を得たことだ。代理人が剛腕のスコット・ボラス氏であることもあり、年俸が現在の57万ドル(約6440万円)から大幅に上がることは確実だが、それでもFA市場に出ているスター選手に比べれば安い。

人気記事ランキング