野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 今季MVPは誰の手に? 混戦のセ・リーグに対して1強のパ・リーグか?

今季MVPは誰の手に? 混戦のセ・リーグに対して1強のパ・リーグか?

2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われる。当日には両リーグの最優秀選手(MVP)、新人王が発表される予定だ。

20160320_ohtani

パはベストナインW受賞の大谷が最有力候補

 2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われる。当日には両リーグの最優秀選手(MVP)、新人王が発表される予定だ。

 パ・リーグのMVPは、日本ハムの大谷翔平投手の初受賞で間違いないだろう。プロ4年目の今季は、投手で21試合登板、10勝4敗、防御率1.86の成績を残し、打撃では打率.322、104安打、22本塁打、67打点、7盗塁をマーク。規定投球回数、規定打席には到達できず、個人タイトルこそ獲得できなかったものの、チームを4年ぶりのリーグ制覇、10年ぶりの日本一へ導いた。

 25日に発表されたベストナインでは、投手部門、ベストDH部門 で史上初のダブル受賞。プロ野球担当記者の投票によって決められているベストナインは、これまで禁止されていた同一選手に対する投手と野手、投手と指名打者の重複投票が認められるように9月に規定を変更。この“大谷ルール”の制定1年目で、いきなりのW受賞となっていた。リーグMVPと合わせた“3冠”獲得となるか注目だ。

人気記事ランキング