野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

アンダー世代活躍の日本が世界1位堅守! WBSCが最新ランキングを発表

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は25日(日本時間26日)、最新の野球世界ランキングを発表した。先日メキシコで開催されたU-23W杯で優勝した日本は世界ランク1位を堅守。2位アメリカ合衆国に大きく差をつけた。

20161111_kokubo

2位アメリカ以下5位キューバまで変動なし

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は25日(日本時間26日)、最新の野球世界ランキングを発表した。先日メキシコで開催されたU-23W杯で優勝した日本は世界ランク1位を堅守。2位アメリカ合衆国に大きく差をつけた。

 WBSCでは、U-12世代からトップチームまで各国の代表チームが、過去4年間(2013-16年)に国際大会で収めた成績に応じてポイントを累計し、世界ランキングを作成している。今回発表された最新ランキングには、日本代表が優勝したU-18アジア選手権、U-23W杯をはじめ、U-18パンアメリカ選手権、ヨーロッパ選手権など、今年下半期に行われた国際大会の成績が反映されている。

 前回発表されたランキングと1-5位の順位変動はない。U-18アジア選手権とU-23W杯で優勝した日本は世界ランク1位のまま。だが、2位アメリカ合衆国とのポイント差を105から641に広げ、世界の他チームに1歩先んじた。

 トップ5を見ると、アジア勢が大健闘している。3位にはU-23W杯で3位に入った韓国、4位にはU-18アジア選手権で準優勝したチャイニーズ・タイペイがランクイン。アジアの“3強”が世界でもトップクラスに入ることを印象づけた。

人気記事ランキング