野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、初MVPも「納得した成績を残してない」 来季の2つの課題とは?

日ハム大谷、初MVPも「納得した成績を残してない」 来季の2つの課題とは?

高卒4年目でリーグMVPを獲得。パ・リーグのベストナインでも投手、指名打者で受賞したが、大谷は「納得した成績を残していない中で取れた。もっとやれたところがある。やりきった状態で取れたら(喜びも)違うんじゃないかと思います」と課題を口にした。

20160511_ohtani

今季も「もっとやれた」、“満点受賞”へ課題となることは?

 日本ハムの大谷翔平投手が、28日に都内のホテルで行われた2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」でパ・リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した。

 高卒4年目でリーグMVPを獲得。パ・リーグのベストナインでも投手、指名打者で受賞したが、大谷は「納得した成績を残していない中で取れた。もっとやれたところがある。やりきった状態で取れたら(喜びも)違うんじゃないかと思います」と課題を口にした。自身も納得の“満点受賞”へは何が課題となるのか。

 今季は投手では21試合に登板し、10勝4敗、勝率.714、防御率1.86、174奪三振。打撃では104試合出場で、打率.322、104安打、22本塁打、67打点、7盗塁を記録した。投球回、打席ともに規定は届かなかったものの、投打で際立った活躍を見せ、MVP投票でも1268点を獲得。2位のレアード(298点)に970票差を付けた。

 圧勝でMVPを獲得した大谷が、来季の課題としてまず挙げたのが「イニング数」だ。今季は140投球回。規定投球回数で3イニング足りず、最優秀防御率など投手タイトルを逃した。

人気記事ランキング