野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 53盗塁積み上げた西武・金子、今季「一番変わったところ」は?

53盗塁積み上げた西武・金子、今季「一番変わったところ」は?

1日に契約更改に臨んだ西武の金子侑司内野手。盗塁王のタイトルを初受賞した26歳は倍増の4800万円でサインした。

20161202_kaneko

契約更改では倍増の4800万円でサイン、充実のシーズンとなった26歳

 1日に契約更改に臨んだ西武の金子侑司内野手。盗塁王のタイトルを初受賞した26歳は倍増の4800万円でサインした。

 今季は「とにかくシーズン通して試合に出続けて、『変わった』というところを見せたい」と挑み、129試合出場、打率.265、53盗塁と有言実行の充実のシーズンとなった。

「相手投手とのコンタクトなどを含め、1打席1打席、本当にいろいろ考えて打席に入るようになったことが、一番変わったところだと思う」

 無理に打ちにいかない、アウトのなり方もフライではなくゴロを心掛けるなど、自分のすべきことを高く意識して毎打席に挑んだ結果が、好成績につながった。

 プロ5年目となる来季は、登録も外野手へと変更される。「チームの優勝を第一に考えて、そのために自分が何をできるか。何をすべきかを考えて、まだまだレベルアップしていきたい。出塁率.350を目指します」と、さらなる成長を誓った。(金額は推定)

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング