野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 今季8勝目でリーグトップの防御率の田中将大を地元紙も称賛 「エースがツインズを沈黙させる」

今季8勝目でリーグトップの防御率の田中将大を地元紙も称賛 「エースがツインズを沈黙させる」

「スプリットは信じられないボール」と敵将

 ESPNは「マサヒロ タナカはヤンキースの勝ち試合で、ア・リーグ最高の防御率2・06にまで向上させた」とリーグトップの防御率をキープするゴールデンルーキーの活躍を報じている。

 ツインズのロン・ガーデンハイヤー監督は9三振を奪った田中の決め球について、「うちの選手はボールが消えたと話していた。彼のスプリットは信じられないボールだ。全ての球種を持っている」と振り返っている。

 また、田中の性格面についても言及し、「ものすごく闘争心旺盛であることも分かった。自分の投球に対し、何回も叫んでいた。すごく競争力を持っている」と称えている。

 地元紙デイリーニュースは「タナカはヤンキースに宝石の輝きのピッチング。しかし、テックス(テシェイラの愛称)の途中交代で勝利にケチがつく」と見出しで報じた。手術した右手首の痛みで途中交代を余儀なくされたマーク・テシェイラ一塁手の状況を危惧しながらも、田中の圧巻のピッチングには高い評価を与えている。

 一方、地元紙ニューズデイは「マサヒロ タナカが幻惑させる。打線は終盤に目覚めヤンキースが勝利」と大見出しで報じた。

 田中はここまでメジャー11試合に登板し、8勝1敗。11試合すべてでクオリティー・スタート(6回以上を自責3以内)を継続しており、QS率100%はメジャーで唯一となっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」