野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 「スター不在」が導いた頂点 なぜ敦賀気比は北陸勢初の頂点に立てたのか

「スター不在」が導いた頂点 なぜ敦賀気比は北陸勢初の頂点に立てたのか

元監督の林博美部長は大会序盤、3-0、2-1、4-3とロースコアで勝ち進むチームについて、苦笑いしていた。

阪神甲子園

敦賀気比がついに頂点に、「スター不在」の反骨心

 第87回選抜高校野球大会は、ともに初の決勝進出となった1日の頂上決戦で敦賀気比(福井)が3-1で東海大四(北海道)を撃破。北陸勢初の優勝で幕を下ろした。

 昨夏の甲子園は、全国トップクラスと言われた強力打線を擁しながら大阪桐蔭(大阪)に敗れて準決勝敗退。春夏通じて3度目となる「4強の壁」にはね返された。

 しかし、今大会はエース・平沼翔太が全5試合603球を完投。準決勝では、背番号17の松本哲幣による史上初の2打席連続満塁弾が飛び出し、大阪桐蔭にリベンジした。決勝でも1-1で迎えた8回の勝負所で松本が2ラン。2試合連続となる一発が決勝点となり、一気に頂点へ駆け上がった。

 昨夏の主力が多く抜けながら、ここ一番での勝負強さを発揮し、掴んだ頂点。その裏には、「スター不在」が生んだ反骨心があった。

 元監督の林博美部長は大会序盤、3-0、2-1、4-3とロースコアで勝ち進むチームについて、苦笑いしていた。

「今年の打線はこんなもんですよ。去年の夏は、3~6番がこちらが見ててもすごいなと思うくらい打ってくれたから。あとはつないで、投手がしっかり投げれば勝てた。でも、今年はこんなもんです」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中