野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

エース対決は阪神メッセンジャーに軍配 巨人は4連敗で最下位脱出ならず

昨季リーグMVPの菅野、最多勝のメッセンジャーのエース対決は後者に軍配が上がった。

東京ドーム

阪神は単独首位、巨人菅野は6回3失点、阿部捕手復帰も流れ変えられず

 今季初の伝統の一戦、巨人-阪神戦が3日、東京ドームで行われ、阪神が4-2で巨人を下した。昨季リーグMVPの菅野、最多勝のメッセンジャーのエース対決は後者に軍配が上がった。8回2失点と力投したメッセンジャーは今季初白星となった。

 巨人は今季から一塁手にコンバートされていた阿部が相川負傷の影響で捕手に復帰。この日は「4番・捕手」での出場となった。

 その初回、阪神は2死からヒットで出塁した西岡が二盗を狙うが、阿部が正確な送球で刺し、チャンスを許さない。

 その裏の攻撃で巨人は2死から3番長野がライト前ヒットで出塁。阿部がライトへの二塁打で続き、一、三塁としたが、続くセペダは空振り三振に倒れ、先制の好機を逃す。

 2回、阪神打線が菅野を攻める。ゴメスが死球で出塁すると、マートンの投ゴロで二塁へ。ここで6番福留がセンターへタイムリーヒットを放ち、先制。さらに4回には2死一、二塁から7番梅野がライト線へ2点タイムリー二塁打。リードを3点に広げる。

 その裏の攻撃で巨人もようやく反撃。先頭の長野、阿部と連続ヒットで無死一、二塁とすると、セペダは四球を選び、満塁に。ここで打席には村田。メッセンジャーを崩す絶好機だったが、二ゴロ併殺で1点止まり。しかし、5回にも先頭の坂本がライトフェンス直撃の三塁打を放つと、続く井端のショートゴロの間に1点を加点。1点差に詰め寄った。

 菅野は5回、6回と先頭打者を出したものの、粘りの投球で追加点を与えない。6回までに116球を投げ、7安打2奪三振3四死球3失点でマウンドを降りた。

 巨人はルーキーの戸根が7回を無失点に抑えるが、8回にマシソンがつかまる。1死一塁から梅野が右中間にタイムリー二塁打。阪神は貴重な1点を加える。

 一方、メッセンジャーは6回以降、ノーヒットで抑え、8回を7安打4奪三振3四球2失点と力投。9回の打席で代打を送られ、お役御免となった。

 阪神は9回を守護神・呉昇桓がきっちりと抑えて、勝利。DeNAがヤクルトに敗れたため、単独首位におどり出た。巨人は4連敗で最下位脱出はならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング