野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチローがマーリンズの“誠意”について語る 「この感じを欲しかった」

イチローがマーリンズの“誠意”について語る 「この感じを欲しかった」

5日に放送されたNHK-BS1の「ワールドスポーツMLBスペシャル『激戦メジャー 注目はここだ!』」の中で、マーリンズのイチロー外野手が新天地で迎える新シーズンへの意気込みを語った。

20150129_ichiro5

NHK-BS1の特番で盟友・田口氏のインタビューに答える

 5日に放送されたNHK-BS1の「ワールドスポーツMLBスペシャル『激戦メジャー 注目はここだ!』」の中で、マーリンズのイチロー外野手が新天地で迎える新シーズンへの意気込みを語った。元チームメートの野球解説者・田口壮氏によるインタビューで、新天地の居心地の良さなどを明かした。

 イチローは、偉大なキャリアに最大級の敬意を払い、自らを迎え入れてくれたマーリンズへの感謝の気持ちが体から出ていると盟友に指摘されると「それはたくさんあると思いますね。ずっと僕が入団の意思を示してから、ものすごい気持ちを示してくれた」と素直な気持ちを明かした。

 今年1月、マーリンズは控え外野手として獲得を目指していたイチローとの契約のために日本まで球団幹部が訪れ、フィジカルチェックと入団会見を行った。それこそが、マーリンズの誠意だった。

「会見もそうですけど、フィジカルチェックも日本でやるとか、ありえないこと。4番目の外野手にやることではない。3番目ならまだわかります。4番目ですから位置付けは。ありえないことが起きていると色々感じている」

 田口氏に対して、こう語ったイチロー。「ただただ僕はその気持ちが嬉しい。この感じを僕が欲しかったんだな。それを表してくれている。(体から)出ているとすれば、そうですね」。新天地の居心地の良さを、こう表現した。

 その他にも、自身の野球論などを存分に語ったイチローは、田口氏から「野球が大好き」ということがプレーから伝わってくると言われると「それがなくなったらやってられない。それが大きなポイント。技術がどうかではなく、その思いがなくなったら面白くない。ここに立っていられないんだなと想像する」と話した。

 MLB通算3000本安打など、数々の大記録達成にも期待がかかるシーズン。メジャー15年目となる今季も、生き生きと野球をするイチローが見られそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング