野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木、自身メジャー初の開幕マルチ! 決勝ホーム踏み、ジ軍を勝利に導く

青木、自身メジャー初の開幕マルチ! 決勝ホーム踏み、ジ軍を勝利に導く

今季ジャイアンツに加入した青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地チェイス・フィールドで行われた開幕戦ダイヤモンドバックス戦に「1番・レフト」で先発し、自身メジャー初となる開幕戦マルチ安打と結果を残した。

20150407_aoki

世界一球団で「1番・レフト」でデビュー

 今季ジャイアンツに加入した青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地チェイス・フィールドで行われた開幕戦ダイヤモンドバックス戦に「1番・レフト」で先発し、自身メジャー初となる開幕戦マルチ安打と結果を残した。先発のバムガーナーも7回6安打3奪三振1失点と好投。昨季ワールドシリーズを制したジャイアンツが開幕戦を5-4で制した。

 青木は初回の第1打席でレフトライナーに倒れるも、3回1死で迎えた第2打席ではセンター前ヒットを放つ。

 さらに1-1の5回、先頭で迎えた第3打席ではライト前に弾き返し、パニックのレフト前ヒットで一、二塁に。続くパガンの二塁打で、青木が勝ち越しのホームを踏んだ。ジャイアンツはその後も得点を重ね、この回一気に4点を奪った。ジャイアンツは8回に3点を返されるも、その後は救援陣が踏ん張り、開幕戦を勝利で飾った。

 青木は8回2死一、三塁の場面でレフトへのファウルフライに倒れるも、この日は5打数2安打1得点と活躍。ブルース・ボウチー監督は今季のキャンプイン前に「7番・左翼」で起用する構想を明かしていたが、オープン戦で1番で起用された青木は8試合連続安打を放つなど信頼を勝ち取り、世界一球団のリードオフマンとして開幕を迎えた。

 昨季、ロイヤルズのプレーオフ進出に貢献し、フリーエージェント(FA)でジャイアンツに移籍。新天地でどんな活躍を見せてくれるのか。開幕から結果を残した青木の新シーズンに注目だ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング