野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人が延長11回制し3連勝、5割復帰! 広島は大瀬良の好投も実らず、泥沼7連敗

巨人が延長11回制し3連勝、5割復帰! 広島は大瀬良の好投も実らず、泥沼7連敗

巨人が7日の広島戦で延長戦の末に2-1の勝利を飾った。11回に勝ち越し、5割復帰。一方の広島は泥沼の7連敗となった。

広島カープ

11回、代走の寺内が好走塁で生還、ルーキー戸根がプロ初セーブ

 巨人が7日の広島戦で延長戦の末に2-1の勝利を飾った。11回に勝ち越し、3連勝で5割復帰。一方の広島は泥沼の7連敗となった。

 巨人は先発の杉内が初回に1点を奪われるもその後をゼロで抑え、6回を4安打8奪三振と力投。その後も救援陣が広島打線を封じた。

 しかし、相手先発大瀬良を攻略できず、8回まで散発3安打に抑えられ、最終回へ。しかし、ようやく1死三塁をチャンスを作ると、7番井端のライトへのタイムリーヒットで同点に。延長に持ち込んだ。

 そして11回に相手4番手の一岡を攻める。1死二塁とすると、鈴木の打球に飛びついたショートの田中が三塁へ悪送球。代走で出場していた寺内が好走塁を見せ、一気に生還した。

 ようやく勝ち越した巨人はルーキー戸根が最後を締めてプロ初セーブ。延長線を制して5割復帰を果たした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング