野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親が今季初長打 二塁打でチャンス広げ、同点犠飛につなげる

青木宣親が今季初長打 二塁打でチャンス広げ、同点犠飛につなげる

ジャイアンツの青木宣親外野手が7日(日本時間8日)、敵地チェイス・フィールドでのダイヤモンドバックス戦に開幕戦に続いて「1番・レフト」で先発出場し、5回に今季初長打となる二塁打を放った。

20150318_aoki

開幕戦に続いて「1番・レフト」で先発、5回にチャンス広げる二塁打

 ジャイアンツの青木宣親外野手が7日(日本時間8日)、敵地チェイス・フィールドでのダイヤモンドバックス戦に開幕戦に続いて「1番・レフト」で先発出場し、5回に今季初長打となる二塁打を放った。

 1点を追う5回、無死一塁で打席に立つと、相手先発デラロサの外角への86マイル(約138キロ)のチェンジアップを強振。左方向への打球はグングン伸び、左翼・ペラルタの頭上を超えた。ボールはワンバウンドしてスタンドへ。エンタイトルツーベースで無死二、三塁とチャンスを広げた。

 続くパニクはレフトへの犠牲フライ。青木の二塁打が同点につながった。

 青木はパガンのセカンドゴロで三塁まで進んだが、ポージーの敬遠の後、アライアスはショートフライに終わり、この回の勝ち越しはならなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング