野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人は延長11回の熱戦を落として3連敗 新守護神・澤村が決勝ソロ被弾

巨人が延長11回の熱戦の末にヤクルトに2-3で敗れ、痛恨の3連敗。新守護神の澤村が11回に畠山に決勝ソロを浴びた。ヤクルトは先発の小川が6回2失点と好投。エース右腕に白星はつかなかったが、連勝を3に伸ばした。

巨人

ヤクルトは畠山が値千金の決勝弾で3連勝

 巨人が延長11回の熱戦の末にヤクルトに2-3で敗れ、痛恨の3連敗。新守護神の澤村が11回に畠山に決勝ソロを浴びた。ヤクルトは先発の小川が6回2失点と好投。エース右腕に白星はつかなかったが、連勝を3に伸ばした。

 ヤクルトは初回、川端のヒットなどで2死二塁とすると、4番・雄平が巨人先発・ポレダからレフト前にタイムリー。先制に成功した。

 しかし、巨人も2回に反撃する。亀井のヒット、井端の死球、セペダの四球で無死満塁のチャンス。村田とポレダは凡退したが、1番・金城がレフト前に運んだ。2者が生還する逆転タイムリー。エース小川を相手に試合をひっくり返した。

 4回には巨人の守備でビッグプレーが飛び出す。1死一塁で中村の大飛球がレフト頭上を襲ったが、これをセペダが背走しながら好捕。すぐに送球し、ボールは坂本を経由して一塁へ。戻りきれなかった一塁走者の荒木は間一髪アウトとなり、ダブルプレーとなった。

 これで流れが変わるかと思ったが、続く攻撃で先頭打者だったセペダは見逃し三振。小川は三者凡退に抑えた。

 その後は両先発投手が好投。試合が動いたのは7回だった。

 ヤクルトは2死一塁で小川に代打・飯原を送る。勝負に出たベンチの期待に応え、飯原はレフト前ヒットで一、三塁とチャンスを広げる。続くバッターは絶好調の川端。巨人はポレダから山口にスイッチした。

 ここで、川端が三遊間を抜くタイムリー。「4割打者」の一打でヤクルトが同点に追いついた。

 その後は両チームの救援陣が好投。試合は2-2のまま延長戦に突入した。

 巨人は10回、不調にあえぐ村田のセンター前ヒットなどで1死一、二塁とサヨナラの好機を作るも、金城、片岡が倒れて無得点。すると、ヤクルトは直後の11回、1死走者なしで畠山が2イニング目の澤村から右翼席に値千金の決勝ソロを放った。

 巨人打線はその裏、ヤクルトの守護神バーネットに抑えられて2-3で敗戦。新守護神の澤村が打たれて今季初黒星を喫し、痛恨の3連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング