野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルトが畠山の決勝ソロで首位タイ 「勝てたことがすべて。最高の結果」

ヤクルトは延長10回の熱戦の末に巨人を下し、連勝を3に伸ばした。2-2の延長11回に畠山が巨人の守護神・澤村から決勝ソロ。5番打者の連夜の決勝打で総力戦を制した。

逆転タイムリーの中日戦に続いて連夜の決勝打

 ヤクルトは延長10回の熱戦の末に巨人を下し、連勝を3に伸ばした。2-2の延長11回に畠山が巨人の守護神・澤村から決勝ソロ。5番打者の連夜の決勝打で総力戦を制した。

 試合後、お立ち台に立った畠山は「勝てたことがすべてなので、本当に良かったです」と笑顔を浮かべた。

 延長11回。1死走者なしで打席に立ち「速いストレートに力負けしまいようにコンパクトに振ろうと思った」と澤村の外角高めへの148キロの直球を強振。右翼席に叩き込み「塁に出たら代走が来ると思っていたし、とにかく1球に集中して必ず打とうと思って。ホームランを狙っていた訳ではなかったんですけど、最高の結果になりました」と振り返った。

「上に行くには強い巨人を叩かないと」

 DeNA、中日と並んで同率首位と、ここまでチームは好調を維持。「とにかく粘り強く、1点でも(失点を)少なく、取れるときに1点でも多くと1球1球に集中してやっているので、目の前の1球を大切に頑張って行きたいです」と言う。

「上に行くには強い巨人を叩かないことには上がれない。1戦必勝でやっていきたいです」

 前日の中日戦では決勝の逆転タイムリー。2夜連続でチームを勝利に導いた男は、今カード残り2試合でも巨人を破ることを誓っていた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中