野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人ルーキー高木勇が開幕3連勝 7回1失点の好投で両リーグ最多タイ!

巨人ルーキー高木勇が開幕3連勝 7回1失点の好投で両リーグ最多タイ!

巨人のドラフト3位ルーキー・高木勇人投手が、東京ドームでのヤクルト戦でプロ入り3度目の先発マウンドに上がり、7回5安打1失点、6奪三振、3四球と好投。デビューから3連勝で、両リーグトップタイの3勝目を挙げた。

強運? いや実力! 降板後に3つの押し出しで逆転

 巨人のドラフト3位ルーキー・高木勇人投手が、東京ドームでのヤクルト戦でプロ入り3度目の先発マウンドに上がり、7回5安打1失点、6奪三振、3四球と好投。デビューから3連勝で、両リーグトップタイの3勝目を挙げた。チームは坂本の「4番初タイムリー」などで6-1で快勝し、2連勝を飾った。

 高木勇は初回を三者凡退でスタートしたが、2回はヒットで四球で無死一、二塁のピンチを迎える。しかし、森岡を空振り三振、武内を遊飛、中村をレフトフライに仕留めて無失点に抑えた。

 3回も2死一、三塁とされながら雄平をレフトフライに打ち取り無失点。4回は先頭打者に四球を与えながら武内を併殺に仕留めて3人で攻撃を終わらせると、5、6回は三者凡退に仕留めた。

 一方、今季初勝利を目指すヤクルトの2年目右腕・杉浦稔大も、初回から粘りの投球を続ける。4回までは毎回、走者を出しながら無失点。5回は三者凡退に抑え、6回は2死一塁から長野にセンターへの二塁打を浴びたが、一塁走者の井端は本塁でアウト。無失点に抑えた。

 7回、高木勇は四球とヒットなどで1死一、三塁のピンチを迎える。ここで中村にレフトへのタイムリーを浴びて、1点を奪われた。後続は抑えたが、ついに均衡が破れた。

 巨人打線はその裏、高木勇の代打・セペダが1死から四球で出塁。金城のセンター前ヒットで1死一、三塁の好機を作る。ここで片岡に代打・高橋。すると、ヤクルトは杉浦に変えて左腕の中澤をマウンドに送った。

 しかし、高橋由は四球を選んで満塁とし、続く亀井も四球で押し出し。巨人が同点に追いついた。ヤクルトは3番手・オンドルセクにスイッチ。しかし、坂本に押し出し四球を与え、3連続四球で勝ち越しを許した。

 阿部は遊飛に倒れたものの、井端は再び押し出し四球で3点目。前日に開幕から14戦連続3失点以下のプロ野球記録を樹立したヤクルト投手陣が、制球の乱れから試合をひっくり返された。

 巨人は8回に坂本の「4番初タイムリー」、阿部の2点タイムリーで3点を追加。リリーフ陣は山口、澤村が無失点に抑えて2連勝を飾った。ルーキーの高木が両リーグトップタイの3勝目で、防御率1.23とした。

 ヤクルトは投手陣が10四球を与える乱調で、開幕からの3失点以下は14試合連続でストップ。2連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中