野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 上原浩治が今季初登板で初セーブ スプリットで2三振奪う快投

上原浩治が今季初登板で初セーブ スプリットで2三振奪う快投

レッドソックスの上原浩治投手が14日(日本時間15日)、本拠地でのナショナルズ戦で今季初登板を果たした。8-7の9回に登場し、1回を三者凡退、クリーンアップから2三振を奪う快投で、1セーブ目を挙げた。

左太もも裏の張りから前日に復帰、いきなり1点差での登板で三者凡退締め

 レッドソックスの上原浩治投手が14日(日本時間15日)、本拠地でのナショナルズ戦で今季初登板を果たした。8-7の9回に登場し、1回を三者凡退、クリーンアップから2三振を奪う快投で、1セーブ目を挙げた。

 1点リードの9回に登場した上原は、強打者のハーパーからいきなり初球のスプリットで空振りを奪う。その後、カウント2-2と追い込むと、最後もスプリットで空振り三振に仕留めた。

 続くジマーマンには初球ストライクの後、2球目は内角高めへのストレート。大飛球でレフトへ運ばれたが、わずかに切れてファウル。ナショナルズはチャレンジを要求したが、ビデオ判定でも判定は変わらずに2ストライクと追い込んだ。その後、4球目のスプリットでレフトフライを打たせた。

 3人目のロビンソンも簡単に追い込むと、最後はカウント2-2から5球目のスプリットで空振り三振。“宝刀”が冴え渡り、三者凡退の鮮やかなピッチングで今季初セーブを挙げた絶対守護神は、試合後はチームメートと笑顔でハイタッチを交わした。

 上原は開幕前に左太もも裏を痛めて故障者リスト入り。13日のホーム開幕戦でチームに合流していた。今季初登板はいきなり強豪ナショナルズ相手の1点差という厳しい場面での登場となったが、圧巻の投球で試合を締め、本拠地フェンウェイ・パークのファンから大歓声を浴びていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中