野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中日・平田が延長11回に決勝弾 「あの場面はホームランしかないと思った」

中日・平田が延長11回に決勝弾 「あの場面はホームランしかないと思った」

中日の平田良介外野手が18日、敵地マツダスタジアムでの広島戦で2-2の延長11回に決勝弾を放った。2死走者なしの場面で、相手の守護神ヒースから特大の今季初本塁打。148キロのストレートを左翼スタンドへ運んだ。

中日

「打った瞬間に入ると思った。またいい波ができる」

 中日の平田良介外野手が18日、敵地マツダスタジアムでの広島戦で2-2の延長11回に決勝弾を放った。2死走者なしの場面で、相手の守護神ヒースから特大の今季初本塁打。148キロのストレートを左翼スタンドへ運んだ。

 まさに快心のホームラン。試合後のヒーローインタビューでは「あの場面はホームランしかないと思ったので、ホームランか三振かの気持ちでいきました」と振り返った。「打った瞬間に入ると思いました」。手応えは十分だった。

 2連敗で迎えた一戦。相手先発の黒田に7回まで2点に抑えられたが、中日の先発・若松も踏ん張った。その奮闘に応え、延長11回の熱戦にケリをつけた平田は「チームも連敗だったので、今日勝って、またいい波ができるんじゃないかと思います」と話した。

「1戦1戦、負けたくないという気持ちを常に強く持って、最後まであきらめずにやっています」

 首位争いを繰り広げる中日に、また勢いが戻ってきそうだ。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング